【SMシーズン6使用構築】7世代のチルナットドラン【最高/最終2002】

【はじめに】

シーズン6お疲れ様でした!

僕は今期もチルタリスを2000の高みに連れていくことができました!!

前期の構築と異なり、そこそこ長いこと使っていたパーティなので自信を持って記事を書けます(^^)

f:id:sirougay:20171110123302p:plain

f:id:sirougay:20171110123433j:plain

 

【構築作成の経緯】

S6初頭にリザYグロスが大量発生したことで、リザYが重い前期のチルドリミトムから離れることを余儀なくされた。

そこで、ナットレイ+ヒードランの並びで普通のリザYグロスに対応できることに気付き、この2体で重いバシャやドラゴンに強いチルタリスを添えた「チルナットドラン」が環境に刺さっていると思ったところが構築のスタートとなった。

この3体で辛いゲッコウガルカリオドリュウズあたりに強く、ナットとの相性補完もいいヒコウZギャラドスを採用し、崩し枠と対レボルト、対水要員としてHDレボルトを採用。鈍足気味になってしまったので、上から殴ってもろもろごまかせるポケモンとしてスカーフマンムーを採用した。

 

 

【個別解説】

メガチルタリス

f:id:sirougay:20171110125433g:plain

 

特性:ノー天気→フェアリースキン

技:ハイパーボイス はねやすめ コットンガード かえんほうしゃ

図太い 181(244)-×-177(244)-133(20)-125(0)-100(0)

H-B:多少削れても色々耐えるようにガッツリ

C:H4振りランドロスを確2

 

もふもふしててかわいい。

ナットドランに分かりやすく強いバシャ、リザX、サザンあたりを相手にする枠。

ナットドランがバシャリザXの剣舞の餌にしかならないため、剣舞後のバシャリザXを止められるコットンガードチルタリス

コットンハイボ羽は確定として、マンダ軸に投げることが多いため最後の技は毒ではなく裏のガルドに打点を持てる放射を選択した。毒がないので炎タイプに役割を持てないのが難点。

耐久指数はHBレヒレと同じくらいで、マンダの恩返し程度ならメガ後で基本2耐えする。

コットンのおかげでメガギャラに後投げから一応勝てたり、ヒードランが負けがちな物理ガルドに勝てたり、剣舞バシャバトンが受かったりする。

コットンを積んでいればグロス等にも計算上勝てるが、急所と追加効果で大体負ける。

ダメ感を掴みづらいため、色々ダメ計してみるのがおすすめです。

ひたすら環境的に逆風であり、適当に選出するとお荷物になるので、選出数を絞るようにしていた。でも活躍するときはしっかり活躍してくれるので良き。ときどき2~3タテします。

 

 

ナットレイ@バンジのみ

f:id:sirougay:20171110125903g:plain

技:ジャイロボール タネマシンガン やどりぎのタネ まもる

呑気 180(244)-119(36)-198(228)-×-136(0)-22(0)

H:4n

A:鉄棘×2+ジャイロで陽気ガッサが落ちるやつから1削ったもの

B:11n

 

HPが270あるナットレイは最強。

ジャイロと宿り木は確定で、ミミッキュの皮と身代わりを貫通できる種ガン、宿り木によるHP管理をするための守る。

ナットレイ対策をリザバシャに任せて薄くしている構築が多く、めちゃくちゃ強かった。

ミミッキュグロスは基本的にこいつでしか勝てないので、こいつらを見たら積極的に選出していく。カバのあくびループもこいつの宿り木である程度阻害できる。

Aは本当は実数値120を確保すべきなのだが、そうするとBが196となってしまい落ち着かなかったので11nを優先させた。

チルナット、ギャラナット、ナットドランなど構築の相性補完の軸となっており、選出率もダントツ 。

 

 

 

ヒードラン@たべのこし

f:id:sirougay:20171110125925g:plain

技:マグマストーム だいちのちから ちょうはつ まもる

控えめ 197(244)-×-126(0)-165(0)-154(220)-103(44)

HD:なるべくたくさん

S:準速クチート抜き

 

ほんとは穏やかがよかった挑発マグストドラン。

テテフ受けとポリ2対策、対ギルガルドや他の鋼、対リザY(ときどきX)ガモスが主な仕事。

眠って毒を治す耐久ポケに多く当たったので、毒守みがではなくマグスト挑発。

大地はミラーとリザX、ドヒドイデあたりに使う技として。

元々は守るの枠に毒や鬼火を入れていたが、眼鏡テテフのサイキネ連打で破壊されたので大人しく守るを採用した。

グライを見たらよほどのことがない限り出しません。

ナットレイと違って環境に個体数が多かったらしく、かなりメタられていた印象であり、1900から伸び悩んだ要因でもある。テテフの気合玉で突破されるたびに泣きたくなったが、代わりとなるポケモンを見つけられなかったので最後まで使い続けた。

 

 

ギャラドス@ヒコウZ

f:id:sirougay:20171110130018g:plain

特性:いかく

技:たきのぼり とびはねる ちょうはつ りゅうのまい

意地っ張り 175(36)-194(252)-99(0)-×-120(0)-129(220)

H:16n-1

A:ミリ耐えされることが多かったのでぶっぱ

S:1舞でゲッコウガ抜き抜き

 

ゲッコウガルカリオ対策で入ってきたポケモン

パーティ的に耐久草がやや重かったのと、チルとギャラを見るとほぼ必ず耐久水を選出されること、瞬間火力が欲しかったことからよくあるヒコウZ型に。カバと受けルを崩すための技として挑発を採用した。

チルとギャラの2メガに見えてくれればいいなと思っていたが、Zを読まれたり読まれなかったりして自分でもよく分からなかった。

他のポケモンゲッコウガに弱すぎるため、ゲッコウガ側に引かれると一気に苦しくなるのが難点。

他と比べて柔らかくサイクルに加入させるのは難しかったが、その分対面性能が高く使いやすかった。

素早さが欲しい場面がそこまでなかったので耐久振りも一考の余地あり。

 

 

霊獣ボルトロス@ウイのみ

f:id:sirougay:20171110130045g:plain

技:10まんボルト めざめるパワー氷 きあいだま わるだくみ

控えめ 184(236)-×-95(36)-182(4)-125(196)-126(36)

H:4n

B, C:余り、悪巧み気合玉でH振りポリ2確1

H-D:レヒレの特化ミズZや無振りポリ2の冷b2発で大体きのみたべる

S:最速カグヤ抜き抜き

 

完全なるご厚意で貸していただいた自覚最強のポケモン

対受けル、受けサイクル、テッカグヤ、耐久水、相手のレボルトが主な役割対象。

相手のレボルトをこいつである程度見たかったので調整はHDだが、ポリ2グライなどの受けサイクルや受けルを破壊してほしかったのでこのような技構成となっている。

受けサイクルはレボルトを削って倒そうとしてきがちなので、半分回復実を持つことで余裕を持って立ち回れた。

気合玉の命中率が95%くらいあったので、貸してくださった方は超一流のポケモンブリーダーだった。

 

 

マンムーこだわりスカーフ

f:id:sirougay:20171110130145g:plain

特性:あついしぼう

技:じしん つららおとし はたきおとす つららばり

陽気 185(0)-182(252)-100(0)-×-86(44)-139(212)

A:火力が足りないのでぶっぱ

H-D:コケコの草結び耐え

S:準速スカーフFCロトム抜き(目安)

 

イージーウィン製造機。

鈍足ポケモンが多くなってしまったので、早いポケモンを探した結果こいつにスカーフを持たせることとなった。

他の5体で重いポケモン(気合玉ゲンガー、ラティ、デンジュモク、ポリZ、剣舞Zガブランド等々)に勝てる貴重な駒である。

技は地震、確実な奇襲を仕掛けるための氷柱落とし、受けサイクルの道具を落としてギャラレボルトで抜くための叩き、ミミッキュの皮や身代わりを貫通できて命中安定の氷柱針。

初手で奇襲を仕掛けても、終盤に一貫を作って攻めても強かった。

初手バシャ対面で地震を押すと大抵守ってこないので気持ちよくなれる。

コケコはほぼ選出されなかったので、ミミッキュ意識でDからBに回した方が強そう。

 

 

【選出パターン】

相手のパーティに応じて選出するので基本選出のようなものはないですが、良く出していた並びをいくつか。

・ナットドラン+1

リザYグロスやガルーラ入り対面構築などに対する選出。マンダ軸に対してはこれ+チルかレボルトの選出が多かった

・ギャラレボルト+1

相手が受け指向のパーティのときはサイクル対決はせず、このように出して攻め気味に動くことが多い。

マンムーギャラレボルト

対受けループの選出。初手マンムーのはたきで誰かしらの持ち物を落としてギャラかレボルトで崩す。

マンムー+2

他5体で無理なポケモンがいるときはこれでなんとかするしかない。

 

 

【主なきついポケモン

ゲッコウガ

結局厳しい。ギャラのHP管理が重要。めざ電はたまたまナット出してないと3タテされる。

・ニド夫妻

低速相性補完サイクルの破壊者。マンムーとレボルト以外はワンパンされうる。抜群をとられないマンムーで頑張るしかない。

・気合玉持ちエスパー(フーディンとテテフ)

ナットドランで格闘の一貫があるため、気合玉が当たりまくると無理。19↑の全人類気合玉テテフを使ってきて辛かった。

カミツルギ

ナットが起点になり、マンムーの上からワンパンも通じないため非常に厳しい。チルをメガさせないで投げたりしていた。

ヒートロトム

チルタリスにもヒードランにも毒がないため厳しい相手。チルとドランでごまかしていた。

ヒードランに打点のあるリザYガモス

ギャラを出してないと負け。

・アムハンor身代わりグロス

1ターン目で降参するレベルの重さ。 

オニゴーリ

フリドラ零度型は身代わりドラン警戒で来ないと信じていた(身代わりドランが零度ゴーリに勝てるのかは知らない)。

地震持ちはどうしようもない。奇跡的に一回も戦わなかった。

イーブイバトン

無理ぽよ。ギャラで挑発してみたら普通にイーブイに蹂躙された。

 

 

【あとがたり】

S6初めの頃はチルタリスの役割対象であるバシャリザXがすっかり姿を消していたりと非常に苦しく、色々と迷走していたのですが、何とか最終日にレート2000を達成することができて本当に良かったです!

見ての通りきついポケモンが多く、かつ1900帯できついポケモンと当たることが多かったのと、プレイヤーの実力不足が中々勝ちきれなかった要因でした。

逆に大幅に負けが込むこともなく100戦ほど1900台をキープできていたため、良くも悪くも構築は安定していたのかなーと思います。

今年度中はポケモンを続けるつもりなので、USMでも引き続きよろしくお願いします!

 

質問等ありましたらお気軽にTwitterのこちらまで

@sr_sirougay

 

QRパーティを作成しました。USUMの新要素は軒並み厳しめなので、使用感の確認としてお使いいただければと思います。 

SM

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/sm/BT-9374-4427

USUM

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-EE89-4243

 

 

 

Special Thanks

「ポリ2グライ無理、めざ竜ボルトしか持ってない」と言って泣いていた僕に最強のめざ氷ボルトを貸してくださったクロブチさん